特集記事:更新順

検索結果:576件10 件づつ表示

1ペ-ジ目 / 58 ペ-ジ

12345678910

次:11

文京区:蓮華寺坂(蓮花寺坂)
別名=御殿裏門坂
文京区:蓮華寺坂(蓮花寺坂),別名=御殿裏門坂

「蓮華寺坂/れんげじ・ざか」は現「文京区白山(はくさん)」にある坂で江戸時代から存在。明治以降「(東京府)小石川区」時代の古地図から明確に確認、大正時代には幅の拡張が行われ、文京区教育委 ...

続きを読む

ページ更新日:2019/06/19


御殿坂(別名複数)
別名=大坂/富士見坂/御殿表門坂
御殿坂(別名複数),別名=大坂/富士見坂/御殿表門坂

「御殿坂/ごてんざか」は現:文京区「白山(はくさん)」にある坂。別名「大坂/おおさか」,「富士見坂/ふじみざか」,「御殿表門坂/ごてん・おもてもん・ざか」などがありますが、中でも「富士見坂」は現代の ...

続きを読む

ページ更新日:2019/06/18


富士見坂(文京区本郷)
江戸時代から存在
富士見坂(文京区本郷),江戸時代から存在

現代の文京区内には別名を含め4坂同意味の坂が存在。ここでの「富士見坂(ふじみざか)」は現「(文京区)本郷2丁目」にある緩やかな坂(案内板なし)。名称どおり「富士山」の展望良好に由来し江戸 ...

続きを読む

ページ更新日:2019/06/17


富士見坂(文京区大塚)
道幅.距離は2回拡大延長
富士見坂(文京区大塚),道幅.距離は2回拡大延長

「富士見坂」は現:文京区「大塚2丁目と5丁目」の間にあり「不忍通り/しのばず・どおり」の一部。名称どおり「富士山」の展望良好に由来、現:文京区内には別名を含め4坂同意味の坂が存在。下参考 ...

続きを読む

ページ更新日:2019/06/14


藤坂(富士坂,禿坂)
藤坂:傳明寺の藤棚由来
藤坂(富士坂,禿坂),藤坂:傳明寺の藤棚由来

「藤坂(ふじざか)」は現「文京区小日向台」にある坂道。名称由来は「傳明寺/伝明寺(でんみょうじ)」の寺門に現存する「藤棚」に由来、江戸幕府三代将軍「徳川家光」が藤棚を称賛したことに因んでいま ...

続きを読む

ページ更新日:2019/06/13


播磨坂=桜並木に発展
元々は環状三号線計画
播磨坂=桜並木に発展,元々は環状三号線計画

「播磨坂(はりまざか)」は第二次大戦後「東京都市計画・道路幹線街路・環状第三号線」の一環として整備。名称は坂に面していた「松平播磨守/まつだいら・はりま・のかみ」の跡地に由来。1947年(昭和2 ...

続きを読む

ページ更新日:2019/06/12


白鷺坂(不忍通り)
名称は明治末期か大正時代
白鷺坂(不忍通り),名称は明治末期か大正時代

現:文京区には「鷺/さぎ」の付く坂が2坂あり、「白鷺坂/しらさぎざか」は同区「大塚三丁目」,「四丁目」の間「不忍通り(しのばずどおり)」の坂。全長約390m,高低差7m(平均斜度1度)、現代の同区内で ...

続きを読む

ページ更新日:2019/06/10


鷺坂(大正時代から)
曲がり角はTV-CMにも
鷺坂(大正時代から),曲がり角はTV-CMにも

現:文京区には「鷺/さぎ」の付く坂が2坂ありますが、ここでは同区「小日向二丁目」から「音羽一丁目」にある、「鷺坂/さぎ・さか(ざか)」について。文京区の案内では全長短く約70m、また鋭角に曲 ...

続きを読む

ページ更新日:2019/06/09


八幡坂(江戸時代頃より)
位置,名称も殆ど変わらず現代へ
八幡坂(江戸時代頃より),位置,名称も殆ど変わらず現代へ

「八幡坂/はちまんざか」は少なくとも江戸時代から名称変更無しの人道坂(現:音羽1丁目)。「1857年1月~1858年1月」における、江戸古地図「安政四年:雑司ヶ谷音羽絵図」で確認され、明治時代古地 ...

続きを読む

ページ更新日:2019/06/07


鼠坂(江戸時代は別名)
終点は21世紀に短縮移動
鼠坂(江戸時代は別名),終点は21世紀に短縮移動

「鼠坂(ねずみ・ざか)」は現「文京区音羽一丁目」にある人道。文京区案内板(2005年=平成17年)によれば、始点については、江戸時代「(音羽五丁目)より(新屋敷)へのぼるの坂なり」と記載。また終点 ...

続きを読む

ページ更新日:2019/06/06


検索結果:576件10 件づつ表示

1ペ-ジ目 / 58 ペ-ジ

12345678910

次:11





姉妹サイト:同ドメイン

〒・住所・地図・衛星写真日本の島々電話番号検索&国際電話情報HP制作ヒント&PCニュース日本・世界の伝統色&ウェブカラースポーツ

姉妹サイト

洋楽データベース

From 2017 To 2019 By T.Yoshimura

Copyright © アイ・マイ・ミー

ページトップへ