更新情報

ページ更新日:2020/09/04

初回登録:2020/09/04

三宝寺池=その6=氷川神社~御嶽神社

三宝寺池=その6=氷川神社~御嶽神社

「三宝寺池/さんぽうじ・いけ」の南側に「氷川神社/ひかわじんじゃ」は立地(分割表示)。同神社に11神社が祀られ、ここでは通称「(下石神井)御嶽神社/(しもしゃくじい)おんたけ・じんじゃ」について。「御嶽神社」は全国でも同名多数、(現)東京都練馬区でも複数が存在します。
今回の「(下石神井)御嶽神社」は分類上の表記ですが、同神社では奉斎主神の6神から、「國常立尊/くにのとこ・たちのかみ」、「大己貴命/オオナ・ムチノ・ミコト」、「少彦名命/すくなひこ・なの・みこと」、3神を祭神としています(東京都練馬区教育員会)。
何れも神話人物であり諸定義。異説や長い説明もありますが、参考までに下記簡易説明を参照ください。


参考画像

※1段目:2016年=氷川神社の一社=御嶽神社=同名一社アリ ※2段目=2016年=氷川神社の一社=御嶽神社=同名注意 ※下写真=練馬区下石神井/西武新宿線~上井草駅(最寄駅) ※3段目:御嶽神社/通称(下石神井)御嶽神社~概ね前面全容 ※4段目上:氷川神社~正面屋根下木版=3ケ別々~11社=2016年撮影 ※4段目下:御嶽神社=1987年(昭和62年)=練馬区教育委員会~看板 ※文京区N氏=写真,画像提供

当サイト画像説明色

三宝寺池=その6=氷川神社~御嶽神社-1三宝寺池=その6=氷川神社~御嶽神社-2三宝寺池=その6=氷川神社~御嶽神社-3三宝寺池=その6=氷川神社~御嶽神社-4

御嶽神社(下石神井)の祭神

国常立神

日本書紀では「国常立尊/くにのとこ・たちのかみ」など。明治時代中頃から、宮中関係者,陸海軍将校などが多数参加した宗教として知られています。

大己貴命

別漢字,表記「大穴牟遅命/オオナ・ムチノ・ミコト」など(別名多数)。日本神話では「国津神/くにつかみ」の頭領とされ、多数神格の集成,統合ともされています。また後年には「大黒天/だいこくてん」の異称まで。

少彦名命

日本書紀では「少彦名命/すくなひこ・なの・みこと」など(別漢字,別読多数)。多数の山,丘の造物や命名神ともされていますが、諸説が非常に多くあり詳細不明。




姉妹サイト:同ドメイン

〒・住所・地図・衛星写真日本の島々電話番号検索&国際電話情報HP制作ヒント&PCニュース日本・世界の伝統色&ウェブカラースポーツ

姉妹サイト

洋楽データベース

From 2017 To 2020 By T.Yoshimura

Copyright © アイ・マイ・ミー

ページトップへ