更新情報

ページ更新日:2019/12/18

初回登録:2019/12/18

高橋克典(特別編)

高橋克典(特別編)

「高橋克典/たかはし・かつのり」は俳優(TV,映画,舞台)から歌手,TV-CMなどでも成功。今回は「梅宮辰夫」との縁戚関係についてのみ。「高橋克典」の実母親で芸名「角田好子/すみた・よしこ」は結婚名「高橋好子」ですが、現在でも一般的には芸名「角田好子」を多用。
「角田好子」の実母「角田ツヤ」が米国移住、米国法律では「米国系日本人」に相当。同時代は第二次世界大戦の日本廃船もあり、多数の方々が「米国系日本人」を公開していない場合も多くあり、「高橋克典」,「梅宮辰夫」共に共感を感じたのでは?、と私は考えています。


参考画像

※1段目:高橋克展(高校卒業式写真=1981年3月卒業)~文京区N氏所有 ※2段目:2017年~2018年=高橋克展&梅宮辰夫=TV特別シリーズ(記者会見=2017年&2017年~2018年放映TV-ドラマ)~作者所有

当サイト画像説明色

高橋克典(特別編)-1高橋克典(特別編)-2

高橋克典:特別編

梅宮辰夫:縁戚」

「梅宮辰夫/うめみや・たつお」とは縁戚関係(下記参照)になり、芸能界では同関係を大切にしている様です。
1995年1月9日から、「特命係長 只野仁」シリーズで初共演、第1話「もう恋なんてしない」から、1995年3月20日の第11回最終話「幸せを求めて…ゆれる弥生の愛のゆくえ」まで。

高橋勝司:父親

「高橋勝司/たかはし・かつし」は1924年頃(大正13年頃)、秋田県「北秋田鷹巣町(たかのす・まち)」は旧「北秋田郡綴子(つづれこ)大字」生まれ。「大館鳳鳴高校=(制大館中学)」、「秋田師範学校」を経て、卒業後特攻隊員となり終戦。第二次大戦後から、「秋田大学音楽科」を経て、「国立音楽大学作曲科」を卒業。
以降から、「横浜市立南高等学校」声楽講師、1964年(昭和39年)から「横浜YMCA混声合唱団指揮者」、「赤い鳥混声合唱団」、「(横浜市港南区)ひまわり管弦楽団代表」、など複数の組織で作曲家,指揮者として活動。
1989年(平成元年)には「(当時)東ドイツ東ベルリン市」において、「勤労者音楽協議会」における「横浜労音」として、「ベルリン放送交響楽団」と共演、「横浜市港南区」の音楽発展に貢献。
また1994年(平成6年)7月には「高橋勝司作品集」を出版。平成9年には音楽活動での地域貢献が評価され、「(社会教育の部}横浜市教育委員会表彰」を受賞。
2009年(平成21年)7月13日午前零時45分、閉塞性動脈硬化症により77歳で死去。

角田好子:母親

結婚名「高橋好子」は1930年頃(昭和5年頃)生まれ。父親は「南満州鉄道」勤務から米国移民となり「米国系日本人」を取得、「角田好子」本人も取得。1952年頃から「東京藝術大学声楽」卒表を経て、結婚生活と共にプロ活動。
夫「高橋勝司は2009年(平成21年)7月13日午前零時45分、閉塞性動脈硬化症により77歳で死去。
本人「角田好子」は2017年現在、「青山学院女子短期大学名誉教授」。
尚、「角田好子」の実母「角田ツヤ」と、「梅宮辰夫」の祖父「辰次郎」の奥様(名称など非公開)は実姉妹。また「辰次郎」の次男「次郎」は「梅宮辰夫」の父。

参照サイト/関連ページ

梅宮辰夫(うめみや・たつお)
前期:1960年代末まで
梅宮辰夫(うめみや・たつお),前期:1960年代末まで

「梅宮辰夫/うめみや・たつお」は1938年(昭和13年)3月11日生まれ。本名漢字同読みで「辰雄」、「東映ニューフェイス五期生」となり、1958年(昭和33年)TVドラマ「遊星王子」に主演、1959年5月には前 ...

続きを読む

ページ更新日:2019/12/23

梅宮クラウディア,アンナ
梅宮辰夫の親族関連(家族)
梅宮クラウディア,アンナ,梅宮辰夫の親族関連(家族)

「梅宮辰夫/うめみや・たつお」は2019年(令和元年)12月12日死去。多くの親族などが存在しますが、ここでは奥様「梅宮クラウディア」、長女「梅宮アンナ」について、簡易情報をまとめて記載。

続きを読む

ページ更新日:2019/12/16

高橋克典,梅宮万紗子との縁戚
梅宮辰夫とも遠い縁戚や血縁
高橋克典,梅宮万紗子との縁戚,梅宮辰夫とも遠い縁戚や血縁

「高橋克典/たかはし・かつのり」は俳優(TV,映画,舞台)から歌手,TV-CMなどでも成功。「高橋克典」は1992年から「梅宮万紗子/うめみや・まさこ」との姻戚公開を始め、舞台挨拶などを完了。「高橋克典 ...

続きを読む

ページ更新日:2019/12/23




姉妹サイト:同ドメイン

〒・住所・地図・衛星写真日本の島々電話番号検索&国際電話情報HP制作ヒント&PCニュース日本・世界の伝統色&ウェブカラースポーツ

姉妹サイト

洋楽データベース

From 2017 To 2020 By T.Yoshimura

Copyright © アイ・マイ・ミー

ページトップへ