更新情報

ページ更新日:2019/08/21

初回登録:2019/08/21

地図,写真など

地図などの表示

国土地理院地図を表示(別窓)

范石湖の詩碑(石碑)

范石湖の詩碑(石碑)

「范石湖の詩碑/はんせきこ・の・しひ」は現「関口芭蕉庵/せきぐち・ばしょうあん」に存在。建立は19世紀末~20世紀初頭とされ正門近くに立地。詩は「松尾芭蕉/まつお・ばしょう」本人が詠んだ句ではありませんが、当時「竜隠庵/りゅういんあん」の住居者「田中光顕/たなか・みつあき」に対し、邸宅を訪れた「諸橋轍次/もろはし・てつじ」が詩を詠み、「芭葉上孤村の蟋蟀聲中驛路の塵」と称え、以降第二次大戦で焼失するまで、「竜隠庵」から「蕉雨園/しょううえん」に変更とされています。
上記地図リンクでは、国土地理院のみ「范石湖の詩碑」周辺を参照。


参考画像

※1段目:1889年(明治33年)=「田中光顕」建立の石碑(説明板は不明) ※2段目:1945~50年航空写真(Google/国土地理院) ※3段目:2016年11月「関口芭蕉庵」案内板

当サイト画像説明色

范石湖の詩碑(石碑)-1范石湖の詩碑(石碑)-2范石湖の詩碑(石碑)-3

関連人物

田中光顕

「田中光顕/たなか・みつあき」は誕生名「浜田辰弥/はまだ・たつや」。1843年11月16日(天保14年閏9月25日)生まれ、1939年(昭和14年)3月28日死去。江戸時代は「土佐藩」家老深尾氏家臣、「陸援隊/りくえんたい」幹部を経て、「近江屋事件」での「中岡慎太郎」の死後から副隊長として行動。明治維新以降は官僚,政治家として活躍。通称「顕助」、雅号「青山」などがあります。

諸橋轍次

「諸橋轍次/もろはし・てつじ」は1883年(明治16年)6月4日生まれ、1982年(昭和57年)12月8日死去。1908年「東京高等師範学校」を卒業、漢学の教員として同校に勤務。一方で青年時代には中国にも留学を果たし、漢字研究者,文学博士,「東京文理科大学名誉教授」、「大漢和辞典」,「広漢和辞典」などの編集者として知られ、雅号には「止軒/しけん」があります。

参照サイト/関連ページ

関口芭蕉庵(現代)
サイト内関連ページ
関口芭蕉庵(現代),サイト内関連ページ

現:文京区関口の「関口芭蕉庵/せきぐち・ばしょう・あん」には案内板が存在。ここでは「関口芭蕉庵」案内板に記されている1番から8番をページ毎にをまとめてあります。

続きを読む

ページ更新日:2019/11/09




姉妹サイト:同ドメイン

〒・住所・地図・衛星写真日本の島々電話番号検索&国際電話情報HP制作ヒント&PCニュース日本・世界の伝統色&ウェブカラースポーツ

姉妹サイト

洋楽データベース

From 2017 To 2020 By T.Yoshimura

Copyright © アイ・マイ・ミー

ページトップへ