更新情報

ページ更新日:2019/07/15

初回登録:2019/07/12

地図,写真など

地図などの表示

国土地理院地図を表示(別窓)

Googleマップを表示(別窓)

GoogleEarthを表示(別窓)

神田上水(水路跡)発掘

神田上水(水路跡)発掘

1987年「(現)文京区本郷」にて「神田上水/かんだ・じょうすい」の水路跡を発掘。文京区は「江戸川公園」に移築、また「本郷給水所公苑」では現代の材料を使用して水路を再現展示。
「神田上水」の起源として、「徳川家康/とくがわ・いえやす」の江戸入府(天正十八年:1590年)があり、家臣「大久保忠行/おおくぼ・ただゆき」に命を下し、開削を始めたとされています。
「神田上水」の水源は「神田川」と同様に「井の頭池/いのがしら・いけ」の湧水、更に「善福寺川/ぜんぷくじ・がわ」、「妙正寺川/みょうしょうじ・がわ」、などの河川と合流。現「文京区関口2丁目」の南(大滝橋/おおたき・ばし)周辺に堰(せき)を設置、水位を上げて上水としています。
上記地図リンクでは、国土地理院が「(現)大滝橋」、Googleマップ,アースでは神田上水の始点を移転した「神田上水(取水口大洗堰跡)」を参照しています。


参考画像

※1段目:本郷給水所公苑~左下は文京区本郷で発掘を移築再現/右下=別途再現水路 ※2段目/3段目:本郷給水所公苑~2段目=再現水路/3段目=再現水路案内版 ※4段目:1983年(昭和58年)文京区役所/説明版を縦方向に拡大=止め金(看板設置用)は本文と無関係

当サイト画像説明色

神田上水(水路跡)発掘-1神田上水(水路跡)発掘-2神田上水(水路跡)発掘-3

神田上水の埋立

「神田上水」は1590年(または数年後の間)に開削。1901年(明治34年)に「現:江戸川橋」の東側部分の暗渠、飲料水の提供を廃止、「現:江戸川橋」の西側から「旧:神田上水大洗堰」部分は「現:神田川」に組み込み。
1933年「旧:神田上水大洗堰」は廃止されています。

個人メモ

「神田上水」埋立後は幼少時から親族の運転で通過した「巻石通り」。自身で自動車免許取得後も頻繁に「抜け道」として通過し、私は勝手に「水道通り(現:別意味?)」と呼んでいましたが、案内板によっては同表記での記載もあるようです。

参照サイト/関連ページ

神田上水(起点~終点)
中間=現:巻石通り
神田上水(起点~終点),中間=現:巻石通り

「神田上水/かんだじょうすい」の起点は概ね現「大滝橋(おおたきばし)」。現代においては、「大滝橋(旧:神田上水大洗堰=史跡は移転)」から、「江戸川公園(史跡は現物残存)」から、「江戸川橋」から ...

続きを読む

ページ更新日:2019/07/15






姉妹サイト:同ドメイン

〒・住所・地図・衛星写真日本の島々電話番号検索&国際電話情報HP制作ヒント&PCニュース日本・世界の伝統色&ウェブカラースポーツ

姉妹サイト

洋楽データベース

From 2017 To 2019 By T.Yoshimura

Copyright © アイ・マイ・ミー

ページトップへ