更新情報

ページ更新日:2019/06/09

初回登録:2019/06/09

地図,写真など

地図などの表示

国土地理院地図を表示(別窓)

Googleマップを表示(別窓)

GoogleEarthを表示(別窓)

鷺坂(大正時代から)

鷺坂(大正時代から)

現:文京区には「鷺/さぎ」の付く坂が2坂ありますが、ここでは同区「小日向二丁目」から「音羽一丁目」にある、「鷺坂/さぎ・さか(ざか)」について。文京区の案内では全長短く約70m、また鋭角に曲がることが知られ、「スズキ自動車バレーノ」のTV-CM(下記写真参照)などにも使用。江戸時代以降は「久世大和守」の下屋敷、及び「久世山」などに含まれていましたが、大正時代に農業地の住宅地化が進み、道路の発生と共に誕生した坂道。下記参考画像,地図などは、現代から江戸時代に遡る形式で概ね表示。また「文京区教育委員会」の坂範囲では、以前は急角な曲がりを始点としていましたが、下記参照の様に角地前後に変更したようです。
上記地図リンクでは、国土地理院,Googleマップ,アース共に、同坂の曲がり角地点を参照しています。


参考画像

※1段目:2016年「スズキ自動車」バレーノ=TV-CM写真 ※2段目:2013年文京区教育委員会配布PDF一部を編集(番号95=文京区整理番号) ※3段目上中下(曲がり角西側):上=2006年文京区教育委員会案内板/中=2008年都市景観賞記念パネル/下=1932年久世山会による石碑 ※4段目:1919年(大正8年古地図)=個人所有 ※5段目:「安政四年:雑司ヶ谷音羽絵図/1857年1月~1858年1月」=個人所有

当サイト画像説明色

鷺坂(大正時代から)-1鷺坂(大正時代から)-2鷺坂(大正時代から)-3

個人メモ

個人的な印象では、身近な場所ながら遠い坂。「獨協学園」時代は通過した記憶無し、同坂周囲には親族,知人の住居も無し。1980年前後に一度間違えて通過したことも、写真を見て思い出した程度です。

参照サイト/関連ページ

東京府小石川区音羽町:成立
現:東京都文京区音羽
東京府小石川区音羽町:成立,現:東京都文京区音羽

現在の東京都文京区「音羽(おとわ)」は江戸時代からの地域名称。明治時代1878年11月2日から「東京府小石川区」が成立、北側から1丁目と設定(9丁目まで)。1947年3月15日から「東 ...

続きを読む

ページ更新日:2019/05/12

弦巻川(つるまきがわ)
豊島区誕生年に消滅へ
弦巻川(つるまきがわ),豊島区誕生年に消滅へ

1932年10月1日東京市(現:東京都)は15区から20区追加して35区に拡張。1923年の関東大震災より人口の流出が始まり豊島区などが追加、一方で「弦巻川」も伝染病予防策などにより暗渠工事(下記参 ...

続きを読む

ページ更新日:2017/10/01

水窪川(みずくぼがわ)
豊島区誕生年に消滅へ
水窪川(みずくぼがわ),豊島区誕生年に消滅へ

1932年10月1日東京市(現:東京都)は15区から20区追加して35区に拡張。1923年の関東大震災より人口の流出が始まり豊島区などが追加、一方で「水窪川」も伝染病予防策などにより暗渠工事(下記参 ...

続きを読む

ページ更新日:2017/10/03

白鷺坂(不忍通り)
名称は明治末期か大正時代
白鷺坂(不忍通り),名称は明治末期か大正時代

現:文京区には「鷺/さぎ」の付く坂が2坂あり、「白鷺坂/しらさぎざか」は同区「大塚三丁目」,「四丁目」の間「不忍通り(しのばずどおり)」の坂。全長約390m,高低差7m(平均斜度1度)、現代の同区内で ...

続きを読む

ページ更新日:2019/06/10






姉妹サイト:同ドメイン

〒・住所・地図・衛星写真日本の島々電話番号検索&国際電話情報HP制作ヒント&PCニュース日本・世界の伝統色&ウェブカラースポーツ

姉妹サイト

洋楽データベース

From 2017 To 2019 By T.Yoshimura

Copyright © アイ・マイ・ミー

ページトップへ