更新情報

ページ更新日:2018/08/10

初回登録:2018/08/10

ジミー時田さんを偲んで

ジミー時田さんを偲んで

「ジミー時田」は1936年3月15日満州(現:中国遼寧省遼陽市)生まれ,東京都育ち(2000年3月10日東京都杉並区にて死去=肺炎)。誕生名「時田圭介」で「青山学院大学英米文学科」の学生時代から「マウンテン・プレイボーイズ:下記参照」のリーダーなど、主にカントリー&ウェスタン系シンガー,ギタリストとして活動。1960年代前半の日本を代表するカントリー・ミュージシャンの一人。
1960年代前半に多数アルバムをリリースしたことは驚くばかりです。自身の好みでないコントショーをライヴに取り入れ、ファン批判もあったようですが、一方で「悪役」に徹し才能あるメンバーを独立させたとも(私も同様に感じています)。


参考画像

※1段目:1961年頃(銀座テネシー前) ※2段目:1962年LP=録音/1961年~1962年 ※3段目:1961年前後撮影 ※何れもS氏所有を譲受(一部編集)=上から年代順と推測

当サイト画像説明色

ジミー時田さんを偲んで-1ジミー時田さんを偲んで-2

ジミー時田とマウンテン・プレイボーイズ

芸名

メンバー「ジャイアント吉田」は当時「吉田一男」、同じく「いかりや長介」は当時「碇矢長一」。

1957年結成

結成メンバー及び初期メンバー、及び初期バンド名なども詳細不明。また芸能プロ「東京ハワイアンズ」に所属したようですが、所属期間などは不明。

1961年頃:参考画像上

1958年からバック・ヴォーカル,ギター「ジャイアント吉田」、以降スチール・ギター「藤井三雄」、フィドル「宮城久弥」が参加。1961年頃からウッド・ベース「いかりや長介」、同61年にエレキギター,バンジョー「寺内タケシ」が参加。

1961年前後:参考画像下

1960年,1961年の可能性もありますが(メンバー脱退,復帰があれば)、1962年撮影の可能性が高いと思われます。
1961年末から1962年にかけての脱退メンバーとして、「寺内タケシ」は「ブルージーンズ」を結成、続いて「いかりや長介」が「ドリフターズ」に参加。
写真には写っていますが、少し遅れて「ジャイアント吉田」が「ドリフターズ」に参加。またバンジョー,フィドル「飯塚文雄」は当時学生でレコード録音参加はなし。1963年大学卒業後から「ドリフターズ」に参加。
新規(または復帰)メンバーとして、ベース「岩倉忠」、スチールギター,ドブロ「松平直久」が参加。

1961年から1962年

商業的には全盛時代とされ、1962年だけで5枚のアルバムをリリース。またライヴでは「ジャイアント吉田」、「岩倉忠」、二人がコントを担当していたようです。

1963年から1964年

ロカビリー人気(ここではロックンロール,ポップスなどの総称として)に押され、また大手芸能プロが実権を握るジャズ喫茶では出演機会を失うなど、徐々にバンド人気は低落。

1965年から1966年

同じ芸能プロ「東京ハワイアンズ」から「尾崎紀世彦」が参加しますが、相変わらずライヴ活動は一部のジャズ喫茶などに限定され、1966年末(公式には1967年?)にバンドを解散。

1967年以降

米国からカナダへ渡米しますが、カナダで体調を崩し帰国(帰国年不明)。
以降はソロ及び期間限定のバンド再結成などの活動があります。

参照サイト/関連ページ

(銀座)テネシーが開店
日本初のジャズ喫茶
(銀座)テネシーが開店,日本初のジャズ喫茶

ジャズ喫茶「テネシー」は1953年9月29日東京都中央区西銀座6-5(現:銀座6-5)で開店。正式名称は「コーヒーショップ・テネシー」、午前11時から午後11時まで営業(ライヴ=昼夜2部制)という形式で ...

続きを読む

ページ更新日:2018/08/09




姉妹サイト:同ドメイン

〒・住所・地図・衛星写真日本の島々電話番号検索&国際電話情報HP制作ヒント&PCニュース日本・世界の伝統色&ウェブカラースポーツ

姉妹サイト

洋楽データベース

From 2017 To 2021 By T.Yoshimura

Copyright © アイ・マイ・ミー

ページトップへ