更新情報

ページ更新日:2018/06/20

初回登録:2018/06/20

黒衣:くろご

黒衣:くろご

「黒衣/くろご」は歌舞伎では役者を補助する「後見:下記参照」という役割の一種。「黒衣」は全身に黒装束を着用、顔も黒い薄布で隠し、小道具の手渡しや整理、役者の衣裳替え補助などの役割がありますが、歌舞伎では同衣裳を着用した場合は「観客から見えない」という大前提の上に成立しています。実際には「黒衣」では目立つ場合もあり、舞台や場面によっては他の色を着用します(下記参照)。


参考画像

※左:DVD歌舞伎の後見(企画,監修:日本芸術文化振興会,国立劇場)から表紙一部 ※右:1832年「桜時女行列」における「おはつ」役の二代目中村芝翫と黒衣三人(画:歌川国芳/原典=早稲田大学)

当サイト画像説明色

黒衣:くろご-1

後見:概略

「後見/こうけん」は歌舞伎では「ごうけん」とも読み、歌舞伎役者を補助する役割の総称。舞台及び舞台裏での衣裳替えでは、「着付後見」,「袴後見」,「裃後見」など、また舞台でも小道具の出し入れから、大道具作業の補佐など様々な内容に及びます。

黒衣の同義語

海,川,池の場面では、「水衣/みずご」,「波衣/なみご」など青系統(藍色から水色まで濃淡あり)、雪の場面では「雪衣/ゆきご」という白装束を着用。何れも「黒衣」と同様の役割を果たします。







姉妹サイト:同ドメイン

〒・住所・地図・衛星写真日本の島々電話番号検索&国際電話情報HP制作ヒント&PCニュース日本・世界の伝統色&ウェブカラーオフィスソフト&テンプレート

姉妹サイト

洋楽データベース

From 2017 To 2018 By T.Yoshimura

Copyright © アイ・マイ・ミー

ページトップへ