通常記事:更新順

検索結果:616件10 件づつ表示

1ペ-ジ目 / 62 ペ-ジ

12345678910

次:11

幸魂大橋(埼玉県内のみ)
浮島地域(仮称)
幸魂大橋(埼玉県内のみ),浮島地域(仮称)

「幸魂大橋(さきたま・おおはし)」は1992年11月に完成した2河川,1人工湖を結ぶ2国道。南西側の埼玉県「和光市」から北東の同県「戸田市」にかけて、外側「国道298号(歩道含む)」、内側「東京外環自動 ...

続きを読む

ページ更新日:2019/04/21


ジャパンエナジー桟橋
水門,船着場(通行不可)
ジャパンエナジー桟橋,水門,船着場(通行不可)

「ジャパンエナジー桟橋(さんばし)」は災害対策用水門。元々は「ジャパンエナジー中央試験所(1964年から中央研究所)」社員用人道橋(下記リンク参照)。1992年「幸魂大橋」の完成後も人道橋として ...

続きを読む

ページ更新日:2019/04/19


ジャパンエナジー桟橋
人道橋~水門(現:通行不可)
ジャパンエナジー桟橋,人道橋~水門(現:通行不可)

「ジャパンエナジー桟橋(さんばし)」は1960年代後半または70年代前半架橋の人道橋(現在消滅)。1959年埼玉県戸田市に移転した「ジャパンエナジー中央試験所(1964年から中央研究所)」の社員用人 ...

続きを読む

ページ更新日:2019/04/18


彩湖(人工湖)1997年3月完成
荒川第一調節池:災害対策
彩湖(人工湖)1997年3月完成,荒川第一調節池:災害対策

「彩湖(さいこ)」は災害対策用人口湖として国が管理。正式名称は「荒川第一調節池:2003年完成」ですが、「彩湖」は1997年3月に完成、主に埼玉県から東京湾にかけての防災を担っています。「彩湖」 ...

続きを読む

ページ更新日:2019/04/17


内間木橋(新河岸川)
災害対策でも重要な役割
内間木橋(新河岸川),災害対策でも重要な役割

「内間木橋(うちまき・はし/うちまき・ばし)」は埼玉県朝霞市に架橋。周辺は1982年9月13日「台風18号(国際名:Judy/ジュディ)」により氾濫があり被災、当初は「新河岸川激甚災害」の一環として架橋 ...

続きを読む

ページ更新日:2019/04/16


朝霞水門:国管理の水門
浮島地域(仮称)西端域
朝霞水門:国管理の水門,浮島地域(仮称)西端域

「朝霞水門」は国の管理する水門(1995年6月完成)。2011年東日本大震災では周辺で津波が観測されるなど、今後の計画も不確定要素のある水域。同水域は江戸時代以降の歴史でも水害対策として度 ...

続きを読む

ページ更新日:2019/04/15


浮島地域(仮称)2018年現在
人工島:埼玉県4市,東京都8町
浮島地域(仮称)2018年現在,人工島:埼玉県4市,東京都8町

「浮島地域(仮称)」は新河岸川,荒川上流域に囲まれた地域。1980年代末まで陸続きでしたが、現在は人工島の定義にも含まれる地域。2011年東日本大震災では水位の上昇を計測。一方で埼玉県から ...

続きを読む

ページ更新日:2019/04/14


新河岸大橋(新河岸川)
1980年代末(歩道+車道)
新河岸大橋(新河岸川),1980年代末(歩道+車道)

「新河岸大橋(しんがし・おおはし)」は1980年代末に架橋(歩道+車道)。西側に人道橋「新河岸橋」,東側に鉄道橋「新河岸川橋梁」、周辺水域では最南端に架橋されています。
上記地図リンクで ...

続きを読む

ページ更新日:2019/04/13


新河岸橋(新河岸川):現代
第二次大戦後:架橋年詳細不明
新河岸橋(新河岸川):現代,第二次大戦後:架橋年詳細不明

「新河岸橋(しんがし・はし)」は名称としては江戸時代初期から存在(17世紀)。現在の「新河岸橋」架橋時期は詳細不明ですが、第二次大戦後から昭和30年代後半にかけて川の改修工事があり、遅くと ...

続きを読む

ページ更新日:2019/04/12


長後さくら橋(新河岸川)
旧地名と桜名所に由来
長後さくら橋(新河岸川),旧地名と桜名所に由来

「長後さくら橋(ちょうご・さくらばし)」は2005年7月11日に開通した人道橋。板橋区営ですが「(東京都水道局)浮間水再生センター」主催で開通式が行われています。元々は「本蓮沼」という町名でし ...

続きを読む

ページ更新日:2019/04/11


検索結果:616件10 件づつ表示

1ペ-ジ目 / 62 ペ-ジ

12345678910

次:11






姉妹サイト:同ドメイン

〒・住所・地図・衛星写真日本の島々電話番号検索&国際電話情報HP制作ヒント&PCニュース日本・世界の伝統色&ウェブカラースポーツ

姉妹サイト

洋楽データベース

From 2017 To 2019 By T.Yoshimura

Copyright © アイ・マイ・ミー

ページトップへ