特集記事:更新順

検索結果:64件10 件づつ表示

1ペ-ジ目 / 7 ペ-ジ

1234567

永代橋=江戸時代の崩落
当時は民営で通行も有料
永代橋=江戸時代の崩落,当時は民営で通行も有料

「永代橋/えいたいばし」は1698年「箱崎(島形態/通称)~永代島(通称)」に架橋。1807年8月19日(新暦:同年9月20日)に崩落事故発生。事故当日は橋の東側で「深川富岡八幡宮」による「深川祭」が催され ...

続きを読む

ページ更新日:2018/12/17


遠島=江戸時代の島流し
五百石船=民間帆船を借用
遠島=江戸時代の島流し,五百石船=民間帆船を借用

「島流し」は日本古来から存在しますが、ここでは江戸時代の刑罰「遠島/えんとう」について。「伝馬町牢屋敷(古地図,現代地図参照)」において、「遠島」が確定すると、「永代橋など(古地図参照)」か ...

続きを読む

ページ更新日:2018/12/15


東海汽船グループ
サイト内関連ページ
東海汽船グループ,サイト内関連ページ

「東海汽船(旧:東京湾汽船)は館山航路を皮切りに、伊豆諸島,伊豆半島など東京湾の船舶観光を代表する企業。また関連会社による小笠原諸島や航路、高速艇の普及など、東京都の離島住民の重要 ...

続きを読む

ページ更新日:2018/12/11


東京都空襲:伊豆諸島
新島は特に頻繁に被災
東京都空襲:伊豆諸島,新島は特に頻繁に被災

東京都の伊豆諸島における第二次世界大戦の空襲は1945年1月27日に始まり、1945年8月8日まで複数回被災。特に新島が頻繁に被災していることが、大きな特長ですが、伊豆諸島空襲は資料が少な ...

続きを読む

ページ更新日:2018/09/03


東京都京橋区:戦災地図
現:東京都中央区一部
東京都京橋区:戦災地図,現:東京都中央区一部

東京都京橋区(現:東京都中央区一部)における第二次世界大戦の空襲は1944年12月27日に始まり、1945年8月13日まで複数回被災。戦災地図は一度でも被災した地域を赤色表示した地図。尚、1943 ...

続きを読む

ページ更新日:2018/08/15


東京都豊島区:戦災地図
現:東京都豊島区 (殆ど同一)
東京都豊島区:戦災地図,現:東京都豊島区 (殆ど同一)

東京都豊島区における第二次世界大戦の空襲は1944年12月12日に始まり、1945年5月25日まで複数回被災。戦災地図は一度でも被災した地域を赤色表示した地図。尚、1943年7月1日の東京都制によ ...

続きを読む

ページ更新日:2018/08/14


皇居内の空襲=宮内府主馬寮
建物,施設では最初の皇居内被災
皇居内の空襲=宮内府主馬寮,建物,施設では最初の皇居内被災

宮内府(1947年から宮内省)の「主馬寮:下記参照」は1945年2月25日に空襲で被災。「麹町区」の空襲は前1944年12月10日から始まり、同区の戦災地図(下記リンク参照)を見る限り数ヶ所に空襲があっ ...

続きを読む

ページ更新日:2018/08/11


米国軍空襲計画地図
1944年~1945年
米国軍空襲計画地図,1944年~1945年

第二次世界大戦中における「米国軍空襲攻撃計画図」は1947年公開。大戦中の作戦から一部を図式した地図を編集せずに表示、当サイトの補足事項は日本語で表示しています。一般的には軍事施設, ...

続きを読む

ページ更新日:2018/08/04


東京都麹町区:戦災地図
現:東京都千代田区一部
東京都麹町区:戦災地図,現:東京都千代田区一部

東京都麹町区(現:東京都千代田区一部)における第二次世界大戦の空襲は1944年12月10日に始まり、1945年5月25日まで複数回被災。戦災地図は一度でも被災した地域を赤色表示した地図。尚、194 ...

続きを読む

ページ更新日:2018/08/03


東京都空襲=被災地図
1942年~1945年にかけて
東京都空襲=被災地図,1942年~1945年にかけて

第二次世界大戦中における東京都空襲被災地図は、1942年4月18日の東京初空襲「Doolittle Raid/ドゥーリットル空襲」から、1945年8月15日の「西多摩郡青梅町空襲」まで、一度でも被災した地域を ...

続きを読む

ページ更新日:2018/08/02


検索結果:64件10 件づつ表示

1ペ-ジ目 / 7 ペ-ジ

1234567






姉妹サイト:同ドメイン

〒・住所・地図・衛星写真日本の島々電話番号検索&国際電話情報HP制作ヒント&PCニュース日本・世界の伝統色&ウェブカラーオフィスソフト&テンプレート

姉妹サイト

洋楽データベース

From 2017 To 2018 By T.Yoshimura

Copyright © アイ・マイ・ミー

ページトップへ