平安時代(820-838)

天皇の衣服の色「白」は大宝律令以降の通説であり、820年に初めて制定とされています。

天皇:820年に位色として「黄櫨染」を制定。

諸王五位以上:「中紫」から「深紫」に変更。

諸臣三位以上:「中紫」から「深紫」に変更。

諸臣八位:「深縹」から「緑/緑衫」に変更。諸臣五位から初位まで同一色。

諸臣初位:「深縹」から「緑/緑衫」に変更。諸臣五位から初位まで同一色。


時代の特色

濃い色を求める傾向は一層顕著になり、この時代の「深紫」は実際には黒に近いとされ、次の変更で「黒袍」に変更しています。


データ表示数:11
天皇 / 黄櫨染

#dd9159

221

145

089

----

Font

皇太子 / 黄丹

#f1803e

241

128

062

----

Font

諸臣四位 / 深緋

#a40522

164

005

034

----

Font

諸臣五位 / 深緋

#e44c37

228

076

055

----

Font

諸臣六位 / 緑衫

#016149

001

097

073

----

Font

諸臣七位 / 緑衫

#016149

001

097

073

----

Font

諸臣八位 / 緑衫

#016149

001

097

073

----

Font

諸臣初位 / 緑衫

#016149

001

097

073

----

Font

無品親王/無官位 / 浅黄

#edef6d

237

239

109

----

Font





姉妹サイト:同ドメイン

アイ・マイ・ミー〒・住所・地図・衛星写真日本の島々電話番号検索&国際電話情報HP制作ヒント&PCニューススポーツ

姉妹サイト

洋楽データベース

From 2004 To 2019 By T.Yoshimura

Copyright © 日本・世界の伝統色&ウェブカラー

ページトップへ